UCC

【メリサラガーデン出展品】アリア・イラストメイキング

お久しぶりです。改名&性転換したつーりおです。

【メリサラガーデン出展品】アリア・イラストメイキング

今日は先日描いたこちらのイラストの過程を紹介しようと思います。

【メリサラガーデン出展品】アリア・イラストメイキング

理由の1割は僕自身が結構イラストメイキングとか好きなので、他の人も見たいかなぁと考えたからです。

残りの9割は制作があまりに大変だったので同情してもらおうと思ったからです。文句あるか

構図決め

“アリア”、”酒”が確定

最初からアリアが酒を飲んでる絵にしようという考えがあったので絵に起こします。構図決め

とりあえずいい感じのポーズが決まったのでこれで次に進もうと思ってます。ここでちゃんとしとけば時間がかからずに済んだものを、、、

3Dデッサンで配置確認

構図決め

先ほどの構図を3Dデッサンで再現します。クリスタって便利だね

ちなみに完成品を見ている皆さんなら解ると思いますがここからの過程は全て無駄足になってます。お付き合いください。

デッサンを基に描き起こす

構図決め

描いている際に”酒を飲んでいることを内緒にさせる”構図ができたので3Dを無視して描きました。状況的におねショタ感、ありますよね?

アングル、ポーズなど変更

構図決め

おねショタ感をアップさせるためにアングルを下にしました。また、縦長のイラストにしまし、右手の位置を変更しました。

右手の位置変えは画像サイズの変更が主な理由ですが、顔の近くにパーツを配置することで視点を分散させない狙いがあります。出来ているかは知らん。

また、視線が目→左手→右手(酒)→胸に行くようにしました。

ちなみにこの時点で未だに前髪がくっついていません。忘れてたんだろうなあ

右往左往しましたがこれで構図決めが終わりです。ここまでの進行度は全体の0.5割くらいです。

大ラフ~線画

大ラフでイラストの基盤をつくる

大ラフ~線画

先ほどの絵から目や手の描きなおし、胸や髪、装飾品の加筆をしました。だいぶ可愛さが上がりました。

これがいわゆるラフってやつです。普通はここから始めることをイラストメイキングって言うんだぞ。まったく

ラフ、線画で迷わないようにする

大ラフ~線画

ラフというより線画のガイドラインみたいな感じです。線画に行くまでにここまで手間をかけるのには理由があるので後述します。

ここでは大ラフを整えたり装飾品などを加筆しました。

 

 

 

 

 

 

大ラフ~線画

装飾品などを加筆しました。

 

 

 

線画、線を均一にしつつ強弱をつける

大ラフ~線画

※ここからの画像は全てsample入りです。見づらくてごめん。

いよいよ線画です。今回はアニメ塗りの予定なので線を均一にすることを意識します。

ただそれだと絵に勢いがつかなくなるため、腕や外側のラインは太い線(12px)、装飾やしわなど内側は細い線(10px、力抜く)で描いていきます。

今回は線画の黒を残した絵にする予定のため、線画が汚いとそこが目立ち全体の完成度が落ちます。なので線画までに工程を増やす必要がありました。

ちなみにこんな太くする必要なかったです。あとでちょっと後悔した

 

塗り~陰影

色分け

塗り~陰影

肌、髪といった具合にレイヤー分けしてベースの色を塗っていきます。特に説明とかはありません。めんどくさいし楽しくもなかったです。

状況整理

影をどの向きに落とすかなど迷わないためにこんな画像を作りました。ついでに背景も決めます。

塗り~陰影

イメージとしては桜の下で酒を飲むアリアをショタ君が見つけてしまった瞬間です。

背に桜、奥に滝を配置しました。滝は描いてみたかったから置いた。

さらに右から左に風が吹き、光源は適当に左上ってことにしてます。

陰影、目の描き込み

塗り~陰影

先ほど整理した状況から、上に桜があることを意識しながらざっくり影を落としました。

ちなみにこういうときの影ですが、焼き込みレイヤー35%で再度明度低い青、もしくは乗算レイヤーで再度低め明度中間のピンクで描くとそれっぽくなります。

さらにパーツごとの陰影、肌、頬の赤み、目を描き込みました。一気に完成品に近づいたと思います。おめめの桜がチャームポイントです。

ちなみにこのあたりからアリアの刺青がヤタサブレ―にしか見えなくなってます。皆にも呪いをかけておこう

塗り~陰影

40金で売ってます

 

あと大分早いですが上下に黒のフレームを入れました。これがあるだけでおしゃれに見えるの不思議だよね

背景~完成手前

背景ラフ

背景~完成手前

背景のラフを描きます。ここでは配置だけ知れればOKです

 

一応視線がアリアの目に行くように雲と桜を配置しました。どうせ後でぼかすけど

赤い線が誘導線、数字が視線が行く順番になってます

背景~完成手前

陰影を加筆し酒を注ぐ

背景~完成手前

身体に落ちる影の境界を桜っぽくしたり差し込む光を追加しました。

またいい加減に空の器に酒を注いでやりました。ここの描き込みが一番楽しかったです。

背景~完成手前

さらに器から結露した水滴を垂らしました。

 

 

 

 

 

 

背景~完成手前

んん~~~????

 

 

背景を描き込む

背景~完成手前

ラフを基に背景を描き込んでいきます。また、キャラより全面に桜を配置しました

背景の情報量が多すぎて視線がブレますがどうせ後でぼかします。気にせず描く

個人的には滝が予想以上に上手に描けたので満足です。これで8割方は完成しました

 

加工から仕上げ

撮影処理など

加工から仕上げ

キャラと背景をなじませつつイラストを華やかにするために様々な加工を施します。

まず背景をぼかしつつキャラにピントを当てました。新海誠さんの気持ちがちょっと理解できました。

次に桜を飛ばします。全面に大きく桜の花びらを置くことで被写体との距離感を出し、ついでにどう描くか悩んでいた左の空きスペースを無くしました。策士

一番大きな変化はイラストのコントラストを上げるために下から光を入れたことでしょうか。桜の影で覆われている顔に視線が向くようになった気がしなくもないです。

下から光が差し込む理由は”滝から流れている川の水が光を反射した”ということにしましょう。ブログを書いてるときに閃きました。

加工から仕上げ

あとは目元の情報量を増やすためにプリズムや塵をつけました。

さらに少年のドキドキ感が出るかと思ってレンズゴーストを置いてみました(イラスト右下のオレンジのぼかし線)。こちらは滝が反射した光がレンズに入ったと設定しているので意味のある処理となってます。テキトーじゃないぞ

仕上げ1

仕上げというよりさっきの続きです

加工から仕上げ

空のコントラストを上げつつ暗くしました。これでキャラが目立ちます

イラストを華やかにしたり滝からの反射光を明確にするために、レンズゴーストとオーブを追加しました。ちょっとくどい気はするけど

また、ところどころ色トレスしつつ線画を途切れさせました。これやると上手に見えるの何なんだろうね

あと髪の毛を加筆したり首元の髪の毛を除去したりもしました。また、目に違和感があったので修正しました。これでほぼ完成です。

 

仕上げ2 完成

加工から仕上げ

手前の桜を暗くしつつ色収差、RGBノイズ、もう一回黒フレームを入れなおして完成です!

これを見ていけないものを見てしまった少年の気持ちになってくれれば幸いです。

 

告知

イラスト販売

10/29のメリサラガーデンマーケットにて、こちらの作品が出品されます

告知 告知

おうちに飾れる中サイズ、大サイズ、そして頭がおかしいほど巨大な特大サイズが揃えてあります。

お値段は40金、80金、240金。インク1個につき40金計算です。

ドットシリーズ販売

また、動くUCCうごるみーず、箱型のはこるみーずも販売

告知 告知 告知

こちらは一律40金です。

10/29以降に”つーりお”宛に商品コードと金額を載せてメールをください(G鯖)

商品コードは当日の会場に設置してあります。

 

会場

ロカロカの住民会館から道なりに北上すると着きます。あらかじめゲート登録するのもアリです。

R鯖の方も当日までにG鯖にキャラ作成したら送迎があるみたい。手厚い待遇だね

 

イベント期間は短めですが会場自体は11/2のメンテまで維持されます。僕も少しだけ下見にいきましたが手の込み方が凄まじいです。

めったにない大型ユーザーイベントなのでぜひ足をお運びください!