UCC

【ArcheAge】UCCを作ろう【初級編】

UCCとは

uccはアーキエイジで画像や写真を反映できるシステムだよ。著作権的にすごいね

反映方法、専用アイテムは公式サイトから

jpg(jpeg)、png形式について

これらの違いについては

jpg(jpeg)は透過処理が不可、pngは透過処理が可能

とだけ覚えておけばいいよ!

ちなみにUCCはpngでの反映だから要注意

透過処理とは下のように対象以外を透過(見えなくする)ことです

透過処理なし

透過処理あり

白紙、布の場合は透明部分が白色だから透過処理はしなくても大丈夫!

実践:スクリーンショットの自分をトリミングしよう

トリミングとは切り抜きのことです

今回はこのスクリーンショットから自分だけを切り抜き、ついでに文字をいれてTシャツに反映します

ちなみに本体はヤタではないです。

使用ソフトはGIMP2

画像加工で有名なのはPhotoshopですが、僕は無料ソフトのGIMP2を使っています

無料とは思えない性能ですよ

こちらからダウンロードしてください

スクリーンショットを正方形にする

GIMPにスクショを投下、左のツールボックスから四角選択を選び、自分の好きな大きさに

このとき縦横の大きさが揃っていることを確認しましょう


その後[画像]→[選択範囲で切り抜き]で画像を正方形にします

今こんな感じ!

間違えた!となったら

間違えた場合は右のボックスの矢印を選択、作業履歴から戻りたいところに移動しましょう

透過処理を施す

今の状態だと消しゴムで消しても白くなるので、透過情報を加えていきます

[レイヤー]→[透明部分]→[アルファチャンネルの追加]

を選択。これで加わりました

この状態だとどっちも白く見えるだろう

しかしこれを別ウィンドウや保存して見てみると・・・?

自分を切り取る

消しゴムでまわりを消す

オーソドックスな方法

特にペンタブなんかを持ってる人なんかはおすすめです

自由選択

マウスでクリックして点をつないで消す方法

ツールボックスから[自由選択]を選択

対象の縁にそって点を打ちます。その後消すとこを適当に囲う感じ

その後[編集]→[消去]

綺麗に消えましたね!

あとはこれらの方法でガツガツ消していきます

ほんとはパスツールとかあるんですけど面倒なんで今回は省きます

ちなみに僕は大まかなところは自由選択、細かなところは消しゴムで消してます

切り取り作業完了!

文字を入れる

ツールボックスから[テキストを選択]

適当な場所に文字を入れていきます

今回のフォントは1つは無料DLできるえり字を使用

このブログでも多様しまくってます

フォントの追加などは他記事を参考にしましょう

もう1つはこちらも無料DL可能のうたミンフォント小1版

まあ今回はこんな感じで

明るさを変える

夜撮ってしまったのでヤタが暗くなりました。

そのためレイヤーをヤタに合わせた後、[色]→[レベル]で調整します

完成

後は公式通りにやればOKです!

ちなみに[画像]→[画像の拡大・縮小]で大きさ変更できます!

まあ色合いとか見えにくいし潰れちゃってるのもあって画像としての質はよくないよね()

 

お疲れさまでした!!

最後に

UCC講座初級編、いかがだったでしょうか

今回はGIMPでのやり方を説明させていただきました

スクリーンショットの加工は大体トリミングして色整えて文字いれる流れでいいしツールボックス、フィルタまで理解できれば十分だと思います!

それではよくAAライフを。バイバーイ